ほりおみわ*ココロのネイロ日記

miwaneilo.exblog.jp
ブログトップ

戯曲を読む、4月、ドアの向こうの薔薇

a0133915_1501732.jpg

4月22日

2月から参加してきた
戯曲を参加者と役者さんが一緒に交代しながら読み進める
『大竹野正典劇集成を一緒に読んでみよう』の会
全3回のシーズン2もこれでおしまい

演劇や戯曲、ド素人だった私がのめり込めたのは
くじら企画さんの懐の広さと、なんといってもいろんな意味で入りやすかったこと
きっと他ではこんな気軽に出来なかったのではないか、と
a0133915_20438.jpg

a0133915_212964.jpg

最終日の今日は沢山の方が参加されてて
これからお芝居に携わってゆく人っぽい人もちらほら
すごい読むのが上手くて、情熱がぐいぐい伝わりました
a0133915_2101315.jpg

a0133915_216613.jpg
a0133915_217356.jpg

今回の戯曲『ドアの向こうの薔薇』
1960年代にアメリカ・ボストンで起きた連続婦女暴行事件をモチーフにした物語
a0133915_2414331.jpg
a0133915_242948.jpg

この作品を読み進めている間
私の中では自分のコンプレックスや、よく見られたい、みたいな想いが
ずっと頭の中でうろうろしてた

なんでやろう…
今までこんなこと思ったことないのに

けど物語のシーンが最終にさしかかった時に分かった
この主人公が自分の存在を周りに認めてもらいたかったことを

私は今までの人生、沢山の愛を受けて育てられたのだと感じる
だけど褒められたい想いや、認められたい気持ちも強くて
小さい抵抗も沢山してきた、私なりにね

婦女暴行犯の行いはいけないことだけれど
犯人の寂しかった想いや、愛されたい想いが伝わって
最後の長いセリフをみんなで交代して読んでいる時
とてつもなく悲しかった、私のコンプレックスや満たされなかった想いが反応したのかな
涙が枯れてしまったような、褪せた…乾いた悲しみ…
a0133915_310160.jpg

最初の2回は俯瞰してこの会を楽しんだけど
今回はどーんと内面に来てしまった

やっぱりお芝居って奥が深いなぁ
入り口を覗き込んだだけなのに

この場所で感じたことを
歌や普段の生活に役立てていこう、と思ったけど
奥が深すぎて参った〜

この経験をふまえた上で
今度はお芝居を見にいこうと思う

くじら企画さんのお芝居が7月にあるから
どんな風に感じるかがとても楽しみ!

そしてまた、シーズンがあれば絶対に参加する!
そしていつかは、本物のお芝居に…参加してみたい!
わぁーっ、また言うてもた…生半可じゃ出来ないの、知ってるくせに!(汗!)

この会に参加するキッカケを与えてくれたまろんさん
くじら企画のみなさん、会場のウイングフィールドさん
参加者のみなさん、お世話になり、ありがとうございました!

なんだか、まだ、ほけーっとしてる(笑)
お芝居、戯曲、物語の威力って、すごいや!

Photo by 藍田 マリンさん
[PR]
by miwaneilo | 2014-04-22 23:10