ほりおみわ*ココロのネイロ日記

miwaneilo.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

気持ちの満ち欠け

うむ

影響されすぎ

ブラックスワンを観にいきたいけど
きっとどんっと影響される日々がやってくる

少し落ち気味の気持ち
もうすぐ新月

上がったり落ちたり

オンナって忙しい(笑)
[PR]
by miwaneilo | 2011-05-31 23:13 | きょうの音色

空と心の大きさ

a0133915_2465483.jpg


空って本来とても大きいものだ

都会では空はどんどん本来の姿が隠されてゆく

心だって本来とても大きいものだ

本来の姿が隠されてゆく時

それは溢れんばかりの人によって
どんどん伸びてゆくビルによって隠されるわけではない

空も心も
本当はすんごく大きい

誰だって

心の本来の大きさを隠して見えなくしてしまっているのは

誰でもない

自分自身だ
[PR]
by miwaneilo | 2011-05-30 23:45 | きょうの音色

アンビエント・ドライバー

朝から仕事のため早起き

NHKでオディロン・ルドンの絵に出逢った、日曜美術館
a0133915_2225980.jpg

ルドンの特集の後は作家のルネ・ラリック特集

そしてブライダルフェアのお仕事

帰って夜、N響アワーでマーラー交響曲・第3番2短調
そのあとは細野晴臣のスペシャル

なにげなくつけているテレビから
今日は沢山の収穫

まだまだ知らない沢山のものの中から
自分の好きなものだけに出逢うことはなかなか難しい

今の私はどんどん内観への旅に向かっている
自分という存在の中にどれだけの想いが詰まっているのか

昨晩のEPOさんにだいぶと影響されたかアンテナは感度が以上に高い
私が嬉しい事は、アンテナに反応するものがジャンルに左右されずいろんなものが入ってきてる事

音楽、彫刻、絵画、文学…
アンテナの反応するものは芸術にかぎったものではなく

それより
結局はその“ひと”に反応してる

その“ひと”の中に内観への旅をする自分を重ねている

そう思うと、1日1日、見るもの感じるものがとても愛おしく思えます
[PR]
by miwaneilo | 2011-05-29 23:14 | きょうの音色

Epoというひと

拒否したくなるほど
その場から逃げたい気持ちになった

一緒に見ていた人の服にしがみつかないと
どこかに飛ばされてしまうのではないかというほどに

彼女の声はどこまでも飛んできて
だけどそのスピードは一滴のしずくを水面に落としたときの波紋のよう

波がゆっくりよせては返す

昨年の11月にEpoさんを観にいった時
ステージにEpoさんが登場するなり涙が止まらなくなって
あげくのはてライブ後はへとへとのボロボロになった
実は今回もそうなりそうで怖かった

あのどう説明していいのかわからない感情の噴き出し
あの時のしんどさを想いだしたら随分辛くって

そして今回
どうしてかその場から逃げたくなるほどじっとしてられなかった
彼女の音色に拒否反応が出たのかはわからない

それがいい反応なのか、よくない反応なのか
きっとどちらでもよいのかもしれないけど

その気持ちをじっと観察しながら…

2ステージ目の宮川さんの語りが入り
そして『見知らぬ手と手』という歌が始まった時
もう私の瞳の涙を我慢する気力はなくなっていた

嗚咽がでそうなくらい

今の私のわけの分からない感情の噴き出し

それだけが噴き出している訳ではないのか…
私がかつて私ではなかった頃の魂の記憶が
ものすごい勢いで噴き出しているようで

もう涙を我慢する事ができなくて




こういうことなんだね

Epoさんって

まだ素直に想いの噴き出しを整理出来ません
またEpoさんを観れる日が来た時も
またボロボロに泣くのかな

Epoのようになりたい…

そう昨年の11月に思った、思ってた

だけど違う

私は私

私の歌う姿勢
私だから出来る事

Epoさんや宮川雅彦さんに気付かせてもらった

改めて

私らしいうた

これからも歌っていこうと思います
[PR]
by miwaneilo | 2011-05-28 23:26 | きょうの音色

また同じこと

だから

大事にしたいんだってば

人の心も

発する言葉も

いくつになっても

年をとっても

死ぬまで大事にしたいんだってば

だから

そんな言葉

聞きたくないんよ
[PR]
by miwaneilo | 2011-05-27 23:19 | きょうの音色

血が通う言葉

『生きる日々(Danny Boyの日本語Ver.)』が心から離れない

この詩を描いた一倉宏さんはコピーライター
ということはほぼ日の糸井重里さんと同種だね

最近糸井さんや一倉さんの言葉に触れることが日課になっている

言葉にドキッとする
ハッと気付かされる

ふたりの言葉にはドクドク血が流れている感じがする
最近流れている歌ではなかなか感じられない感覚

昔の作詞家の方の言葉もドクドク血が流れていて
ドキドキ心動かされる

ただ“がんばれ”じゃなく
ただ“ありがとう”でもなく
ただ“会いたい”だけじゃなく
ただ“サクラ舞い散る”でもない

なんだろうね
なにが違うのだろうね

同じ人間が創っている言葉なのに

今みんなが欲しがっている言葉は
血が通う言葉に違いないのにね
[PR]
by miwaneilo | 2011-05-26 23:01 | きょうの音色

Keyword

言霊



風通






[PR]
by miwaneilo | 2011-05-25 23:54 | きょうの音色

末広がりの未来へ

a0133915_3454720.jpg

大事な事は 今生きて 

触れ合う日々だと知る

ありがとう 

その優しさと その言葉よ

〜『生きる日々』一倉広〜より


ありがとう…
本当に…
心から…!
[PR]
by miwaneilo | 2011-05-24 23:44 | 音色&ありがとう

“うたは語りだ”

アルバイト先のお客様に時々言われます

わかってます…
んん…わかってるはず…なんだけどなぁ…

経験が足りない(笑)?

いろんなこと言われますが
なにを言われてもへっちゃら

だって「うた」という一番好きなテーマでお話し出来るから
いただく言葉にはなにか必ず学びがあるはずですから
ありがたくいただきます!

まぁ、遊び慣れたおじさまからすると
私は“経験”が足りんのだろうな…
そこは勘弁!
[PR]
by miwaneilo | 2011-05-23 23:27 | きょうの音色

ハコとなり=ひととなり

a0133915_318636.jpg

あさゆう音楽会@やまもと亭

あさゆうに関わってくださるあったかい気持ちが
そのまま形になったような、ほんわか音楽会でした

やっぱりハコ(建物)はそこで過ごす人の気持ちや人となりが出ますね
亭主さま、スタッフのみんな、長い間ここで過ごして来られたやさしい気持ちが溢れています

ハコとなり=ひととなり

やまもと亭はステキな空間
着付け教室や落語会、蚤の市など
これからもステキなイベントを開催されるそうです
是非チェックしてみてください☆


ハコとなり=ひととなり

もうひとつ、ステキな出逢いがありました

たくさんの人に愛されるお店

ステキな店主さん、奥様、そして美味しい料理
そして素晴らしいライブ
とっても楽しいお客様

JR摂津富田駅から歩いて約10分
KUSHITAROさん

大好きなうたうたい良元優作くんのライブへ

ご縁が繋がって叶った今日という日
感謝と共に、心から楽しみました!

それと同時に身の引き締まる想い

より深く
うたを味わい、言葉を紡げるうたうたいであること

日々感性を広く深く鋭く磨きます!

今日、時間を共有したみなさまに感謝を!

P.S…今回のやまもと亭で使うメッセージカード
いつもなら自分の水彩画を使うのですが今回は写真を使いました

こんなステキな写真が撮れるのは
素晴らしいコンデジCX3と出逢えたから
譲ってくださったじゃんさん、アドバイスをくださるueさんに
改めて感謝します!

沢山いただいた感謝をまた歌でお返しさせてくださいね!
[PR]
by miwaneilo | 2011-05-22 23:17 | 音色&ありがとう