ほりおみわ*ココロのネイロ日記

miwaneilo.exblog.jp
ブログトップ

Soul

a0133915_382399.jpg

Photo is お誕生日ケーキを持ったGt井上央一くんを囲むメンバー

Flamingo the Arushaにて

Vo.梶朋子/ Guest&Cho.ほりおみわ/ Bass.新井洋平/
Gt.井上央一/ Key.増谷サエカ/ Dr.常深武史/ Per.亀崎ヒロシ/ Cho.稲葉正典

メンバーの皆さんと共にFlamingoのスタッフのみなさま
音響の山本さん(とても歌いやすかったです!素晴らしい)
そして聴いてくださったお客様に感謝いたします!

a0133915_393319.jpg

Photo is 井上くんを囲み二枚目!

ものすごーく
久々にSoul Musicを歌いました

Chaka KhanやEarth wind &Fireなどいろいろ

別にこの手の音楽が嫌いな訳ではありませんが
うたを歌い始めてからのSoulに対する抵抗感が未だに拭いされていませんでした

なにせ小学校からHR/HM、どちらか言えば白人系音楽にハマっていたので
歌を歌い始めた23歳終わりくらいまでまじめに黒人系Soul系聴いていませんでしたし
(なんだか当時HM/HRファンという変なプライドもあったな〜(笑))

歌い始めた頃、この“Soul”というものがうまく歌えなくてずっと悩んでいました(リズムやフェイク)
その結果“私には歌えないし、わからない”と結論を出しました

別に嫌いではなく(ダニー・ハザウェイ大好き!)、“歌えない”という結果

もう久しく歌ってないなぁ…
という感じで今日のこの日がやってきた

a0133915_3124039.jpg

Photo is 梶朋子さんを囲んで

梶さん
本当に素晴らしいSingerでした

いわゆるとても“Soulful”
Soul Singerというたぐいにあたるんだと思います
けどね、私は彼女をSoul Singerだと思いませんでした

そんな表現よりももっと大きなもの

あぁ…梶さんや…って感じ(笑)

ええうたを歌っている人に結局ジャンルというくくりはいらない気がしました
おかげで1曲目から楽しくって楽しくってよう笑いました

メンバーのみんなも素晴らしい音で梶さんを、ライブをもり立てていました

そしていわゆる“Soul”と呼ばれる歌も私なりにやれた気がします
随分高い音も地声ですこーーんと歌えましたし☆

ええうたを、ええうたうたいがうたう

それでなんにも難しいこと考えんでいいんよね



1曲だけSoloで歌わせてもらいました
Soulじゃありませんけどね(笑)

この曲を歌う時
目の前で聴いているみんな、今傍にいない大切な人たちに向けて選曲しましたが
何より梶さんに、この日、伝えたかったのもありこの曲を選びました


“同じ苦しみに 迷った
あなただけに 歌える唄がある
僕だけに 聴こえる唄がある”

梶さんにしか歌えない音色
心にいっぱい伝わりましたよ

これからもお互い終わらない“うたうたい人生”頑張りましょうね

まだまだ私も自分の音色を磨き中
いろいろ悩み事も絶えないかもしれないけど
自分で垣根を作らず音楽の懐に飛び込み続けたいと思います

Soul

私の魂を持って
[PR]
by miwaneilo | 2011-06-10 23:56 | 音色&ありがとう